HOME > セカンドオピニオン相談

セカンドオピニオン相談

いまの顧問税理士に満足していますか?

いまの顧問税理士に満足していますか?のイメージ

経営者と税理士は、一度お付き合いが始まると長いお付き合いになることが多いと思います。
なぜなら、中小企業は自らの大事な経理のデータを税理士に開示しているわけですし、場合によっては会社や個人のプライベートな情報も税理士は知っているわけです。ですから、毎年のように税理士を変えることは通常は考えられません。
(税理士には守秘義務がありますので情報が外部にもれることはありません)
ですが、時として税理士を変えたいと思う場面も当然あると思います。
このような時はどうすればいいのか?
以下に「税理士を変えたい理由」の例をいくつか挙げてみました。皆様はいかがですか?

税理士を変えたい理由

税理士を変えたい理由として、以下のことをよく耳にします。

税理士を変えたい理由ぼイメージ
2経営のアドバイスがない

税理士にとって、”経営上のアドバイスは専門外”といまだに思っている税理士もいるようです。
当事務所では、経営者の皆様の立場にたった適切なアドバイスをするよう心がけています。

3税務調査の時の対応が不満

税務署の主張ばかり鵜呑みにし、こちらの考えをまったく主張してくれない。
当事務所では、主張が通る通らないは別としても、顧問先の皆様を守ってあげるという気概をもって税務調査に臨むようこころがけています。

税理士を変えたい理由のイメージ
4来たとしても態度が横柄

来たとしても態度が横柄で、顧問先に様々なサービスを提供するという考え方を持っていない。
当事務所は、顧問先を尊敬することから始まり、顧問先の様々な立場を理解して、事業が長く続くように御指導することを心がけています。

5時々しか来てくれない

毎月訪問しない税理士もいるようです。
税理士はいわば中小企業者のドクターであるのですから、定期的な訪問と情報交換は欠かせない要素です。
当事務所では、月次決算を基本としております。

6税額確定がいつもギリギリ

税額確定がいつもギリギリで、納期限の1週間程度前、ひどい時は数日前になる。
当事務所では、期首から8ヶ月目に仮決算を行い、決算に向けての黒字対策又は赤字対策を行っております。

7税理士報酬の内容が不明瞭

税理士報酬の内容が不明瞭で、根拠がわからない。
当事務所では、税理士報酬の根拠を明確にすると同時に関与先様の求める業務内容のみのサービスを提供するようにしております。

税理士を変えたい理由のイメージ
8I T にうとい

帳簿などが、いまだに手書きでコンピュータ管理ができていない。
当事務所では、すべてにおいて経理の合理化を図り、ITを活用して効率的なサポートをさせていただいております。

お問い合わせ