溝端会計事務所BLOG

2012年7月20日 金曜日

会社設立の前に知っておくこと

 会社設立の前に知っておくこと。
①法人税等税金のこと
 会社には、国税としての法人税・地方税としての法人事業税・法人府県民
税・法人市民税があります。その税金の基になるのは会社の利益です。
従って赤字決算の会社は税金がかかりません。しかし地方税においては、
均等割といって赤字決算でも納付すべき税金があります。
 さてこの均等割の金額は何を基準にして決めるのか?
   それは、会社の資本金を基にします⇒⇒見栄えで資本金を大きくする
と倍以上の税額になります。
②消費税のこと
 消費税は、2年前の課税売上高によって当期の納付すべき消費税を計算
します。会社設立時は、2年前がありませんので2年間は原則として消費税
の支払が免除されます。
 ただし、会社の資本金によって1期目から消費税の支払いが発生したり、
1期目の6か月間の課税売上高によって2期目から消費税の支払いが発
生します。2期間は消費税の支払いを免除したいと思いませんか。

  ①②とも資本金が関係してきますので、税理士に相談のうえで会社設
立をして下さい。

                 溝端会計事務所  代表税理士 溝端 稔

投稿者 溝端会計事務所

お問い合わせ